福岡県泌尿器科医会 日本医師会 福岡県医師会
TOP はじめに 医療関係 市民公開講座 泌尿器の病気
医療機関
主な泌尿器科の病気
泌尿器腫瘍
尿路性器感染症
小児の泌尿器科疾患
尿路結石症
■副腎の病気
副腎腫瘍
■尿管の病気
膀胱尿管逆流(VUR)
■腎臓の病気
腎腫瘍
血尿
腎移植
■膀胱の病気
膀胱炎
膀胱がん
尿失禁
過活動膀胱
間質性膀胱炎
■前立腺の病気
前立腺肥大症
前立腺がん
■小児の病気
夜尿症
小児の包茎
亀頭包皮炎
陰嚢水瘤
停留精巣
■性感染症
尿道炎
■ED
ED
小児の泌尿器科疾患
  小児の泌尿器科疾患について

小児泌尿器科という言葉は一般にはあまりなじみのないものですが、子供の尿路・生殖器の疾患(病気)を扱う診療科のことで、 腎臓(じんぞう)、膀胱(ぼうこう)、尿管(にょうかん-腎臓から膀胱へ尿を流すくだ)、尿道(にょうどう)、陰茎や精巣(睾丸)など外陰部の疾患を対象にしています。
大人と共通するものもありますが、生まれながらの先天的な異常(形や代謝異常)が多いのが特徴で、決して少なくありません。
単純に体、臓器が小さいというだけでなく、疾患の性質の違い、特殊な検査や方法、成長とともに自然に治癒するものがあること、逆に治療の遅れが身体成長にも影響することもあり、大人と違った判断と注意深い経過観察、治療が必要になります。
このような背景のもとに、小児を専門にする医師(小児泌尿器科医)が必要になる訳です。
小児泌尿器科医は小児科医、小児外科医と協力して診断・治療にあたりますが、近年妊娠中の母親が受ける胎児超音波検査によって、出生前から多くの腎・尿路疾患がみつかりますので、産科医との連係もきわめて重要になっています。

2.小児泌尿器科が扱う主な疾患は

1)包茎:包皮の穴が小さく、尿線が細い。
細菌感染をおこし 包皮(皮膚)が赤く腫れたり排尿時に痛みがある。

2) 陰嚢水瘤:水がたまって陰嚢が大きくなる。

3)停留精巣:睾丸が陰嚢の中にきちんと降りていない。

4)精巣捻転:急に陰嚢部を痛がり赤くはれている。(緊急手術)

5)精巣上体炎:高い熱がでて排尿痛や陰嚢部が赤くはれる。

6)膀胱尿管逆流:膀胱の尿が腎臓に逆流する.
高熱をともなう腎盂腎炎で発見されることが多い。腎機能が悪くなる。

7)水腎症:尿が膀胱へ流れない。腎臓がはれ腎機能が悪くなる。

8)尿路感染症 :尿の混濁や高熱をみる。こどもでは感染が直り難い。
原因が隠れていることが多く、精査が必要。

9)尿道下裂 :尿道が亀頭の先端まで形成されていない。

10)その他、多種多様の先天性疾患、血尿、蛋白尿、精巣静脈瘤などがある。

3.小児泌尿器科学会の沿革と現状

1972年、小児泌尿器科学会が設立され、診断・治療のガイドライン作成、専門医を養成すべく種々の活動が行われています。
現在の学会会員数は約800名弱で、小児泌尿器科医(64%)、小児外科医(23%)、小児科医(7%)、看護師そのた領域(6%)で、毎年、学術大会が開催されています。
小児泌尿器科学会に関する情報はインターネット上のホームページで閲覧することができます。
九州地区では小児泌尿器科診療のレベル向上を目的に平成16年から九州小児泌尿器研究会を発足させ、現在までに13回の研究会(年1回)を開催しています。各地区の大学病院、こども病院、小児泌尿器疾患に関心をもっておられる地域の主たる病院の泌尿器科医、小児科医が集まって症例検討や小児泌尿器科疾患の研究発表を行っています。

4.受診・相談の仕方

おしっこの色がおかしい、学校検尿で異常が指摘された、排尿時の痛みを訴える、尿の出方がおかしい、原因不明の発熱がある、外性器・陰部の形がおかしい等の症状や異常がある時は、まずは近くの泌尿器科、小児科を受診して小児泌尿器専門医に相談する必要があるかどうか判断してもらってください。
こどもの尿路疾患は成長とともに良くなるものもありますが、症状がなく気付かないうちに腎機能障害など取りかえしのつかない状態になることも少なくありません。
また、手術しか治療法がないもの、幼少時に手術しておかねばならないものもあります。
もちろん小児泌尿器科専門医まで受診しなくても解決するものもあります。
いずれにしても早めに相談しておくことが大事です。
 
福岡県泌尿器科医会事務局 〒812-0033福岡県福岡市博多区大博町1-8
Copyright © Fukuoka Clinical Urologist's Association 2013. All Rights Reserved.